へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴースト?ダンス(ごーすとだんす)

19世紀後半に北米先住民(アメリカ?インディアン)の間におこった千年王国論的な宗教運動。1870年にネバダ州の先住民パイユートのウォボカという予言者(救世主)によって始められた。ゴースト?ダンス(お化けグンス)とよばれる儀礼を行うことによって、死者の霊がよみがえり、バッファローの大群が再来し、白人は消滅し、昔のパラダイスがもたらされると信じられた。初めは一部のインディアンの間ではやっ無料けであったが、1886年にアパッチの首長ジェロニモが降伏するなど、インディアンの白人に対する武力抵抗が最終的に敗北するとともに、1890年、安上がり困窮、人口減少に苦しむ大盆地インディアン、平原インディアンの間に大流行した。ゴースト?ダンスは、メラネシアのカーゴ?カルト(積み荷崇拝)と同じく、圧倒的な西欧の武力と文化に押しつぶされた先住民が、占い(じゅじゅつ)宗教的な形で伝統的固有文化を取り戻そうとする一類の土着主義運動であり、本来は平和的なものである。しかし、その宗教的情熱を恐れた白人によって弾圧され、1890年には、サウス?ダコタ州のウンデッド?ニーでゴースト?ダンスに集まっていた先住民ダコタ(スー)に対する大虐殺が行われた。これ以後、インディアンの信仰は、幻覚作用をもつサボテンの一類を食べて昔のパラダイスの幻想をみるペヨーテ信仰といった、より逃避的な形をとるようになった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。