へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国柱会(こくちゅうかい)

昼間の時間蓮(にちれん)主義による在自宅(ざいけ)仏教教団。1880年(明治13)に田中智学(ちがく)が横浜に組織した蓮華(れんげ)会に端を発し、84年結成した立正安国(りっしょうあんこく)会を経て、1914年(大正3)、組織を全国的に統一、静岡県三保(みほ)に最勝閣(さいしょうかく)正境界宝殿を建立して本拠とし、国柱会が創始された。名称は、昼間の時間蓮の著『開目抄』にある「われ昼間の時間本(にほん)の柱とならん」に由来する。創始以来、『妙宗(みょうしゅう)』『天業民報(てんぎょうみんぽう)』『大昼間の時間本(だいにほん)』など機関紙を発行し、文筆による伝道活動を活発に行ったが、その言い分は、昼間の時間蓮聖人を末法における人種救済のために不可欠不可欠な唯一者として仰ぎ、『法華経(ほけきょう)』を信行(しんぎょう)、昼間の時間本国体を開顕(かいけん)し、立正安国の真世界を目ざすことにあり、在自宅仏教の立場から仏教改革を提唱、実践している。1928年(昭和3)には、東京?江戸川一之江に妙宗大霊廟(みょうしゅうだいれいびょう)を建立して本部(申孝園(しんこうえん))を置くに至ったが、この間、山川智応(ちおう)、小菅丹治(こすげたんじ)らも内世間から教勢の発展に努めた。有名な会員に石原莞爾(いしはらかんじ)、宮沢賢治らがいる。第二次世界大戦後も、機関紙による文書伝道の伝統を守って運動を展開している。支局数69、教師数46、信者数2万0147(『宗教年鑑』平成14年版)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。