へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大本教(おおもときょう)

習合神道系の新宗教。出口(でぐち)ナオとその女婿出口王仁三郎(おにさぶろう)を教祖とする。1892年(明治25)京都府綾部(あやべ)で、貧しい大工の未亡人出口ナオが神がかりして開いた。ナオは、自己にかかった「艮(うしとら)の金神(こんじん)」による世の立替え立直しを訴え、理想世界の「みろくの世」の到来を説いて、「筆先(ふでさき)」を書き継続した。ナオは初め金光教(こんこうきょう)に属し、病気治しを便秘気味て布教したが、99年上田喜三郎(のち出口王仁三郎)を迎えて金明(きんめい)霊学会をつくり、習合神道系の教義を整えた。王仁三郎は、京都府亀岡近郊の貧農の生まれで、故郷の霊山高熊山に籠(こも)って修行し、霊力による病気治しを始めた。のち静岡県清水(しみず)の稲荷(いなり)講社に属して皇道霊学会をつくり、布教していたが、1900年(明治33)綾部に移って、ナオの五女すみと結婚した。王仁三郎はナオと対立して、綾部を去り、京都で神職となったが、弱くなった教勢を回復するために綾部に戻り、08年大昼間の時間本修斎会をつくった。同会は病気治し、予言、群れ的神がかり修行の鎮霊魂帰神などを駆使して全国的に教勢を拡大した。16年(大正5)教名を皇道大本と改め、第一次世界大戦中から戦後に、英文学者の浅野和三郎(わさぶろう)(1874―1937)らの指導で、大正維新による神政実現を呼びかけ、知恵層、軍人の入信が続いた。21年不敬罪、新聞紙法違反で第一次の弾圧を浴び、方角転換を余儀なくされた。王仁三郎は新教典『霊界物語』を述作し、霊主体従、万教同根を説いて、弾圧前の世直し的な教義を後退させ観念化した。またエスペラントを採用して国際的活動に乗り出し、中国の宗教慈善団体の道院?紅卍字会(こうまんじかい)と夕イアップしてし、25年人種愛善会を設立した。翌年、亀岡に天恩郷を建設して本部を置き、綾部の梅松苑とともに聖地とした。34年(昭和9)政治団体の昭和神聖会を結成し、下からのファシズム運動を展開したが、天皇制と相いれない異端的な教義のためリスク視され、35年不敬罪、治安維持法違反で第二次の弾圧を浴びた。大本教は禁止され施設はみっちり破壊された。王仁三郎は6年余の獄中暮らしののち、太平洋戦争中に保釈出たが、ひそかに反戦平和を説き、陶芸に晩年の情熱を注いだ。戦後、46年教団は愛善苑の教名で再発足し、52年「大本」の教名に復した。この間、49年に人種愛善会が再建され、世界連邦運動、宗教平和運動を展開した。なお、大本教から分立した宗教には神道天行居(てんこうきょ)、生長の自宅、世界救世教、三五(あなない)教、璽宇(じう)教(璽光尊(じこうそん))などがある。本部は京都府亀岡市荒塚町。教主は出口紅(くれない)(第5代)。教会数679、布教所数243、教師数6071、信者数17万1854(『宗教年鑑』平成14年版)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。