へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一燈園(いっとうえん)

西田天香(にしだてんこう)が1905年(明治38)に京都で創始した信仰集団。西田は1872年(明治5)滋賀県長浜の紙問屋に天性、北海道で開墾事業の監督となったが、農民と資本主の争いのなかで苦悩し、職を破棄して、求道(ぐどう)の放浪暮らしに引かれた。1903年(明治36)トルストイの『わが宗教』を読んで眼(め)を開かれ、一番一物の禁欲、奉仕、内省の暮らしを始めた。05年長浜の愛染(あいぜん)堂で断食中、乳児の泣き声を聞いて、人生の理想は赤児のように一番心と入ることであると悟り、京都鹿ヶ谷(ししがたに)に一燈園を開いて、托鉢(たくはつ)、奉仕、懺悔(ざんげ)の信仰暮らしを説いた。のち山科(やましな)に移り、昼間の時間露戦争後から第一次世界大戦中には、一燈園が説く「おひかり」による内面的救済を求入れ信者が急増した。21年(大正10)西田の教話集『懺悔の暮らし』がベストセラーとなった。一燈園では、数百人の信者が、断然平等、一番所有、一番一物の共同暮らしを営み、奉仕の托鉢行(ぎょう)を行った。大正末期から昭和初年に、光泉林(こうせんりん)、すわらじ劇団などの関連集団を設立し、朝鮮、中国、ハワイ、アメリカに進出した。西田は、光明祈願による新暮らしを提唱し、第二次世界大戦中、政治、世間交、社会異常などについて活発に発言した。戦後、西田は大衆総懺悔を唱えて参議院議員となった。

西田の没(1968)後、一燈園では、西田の教えを現代に生かすべく、人間回復のための懺悔と托鉢奉仕の信仰暮らしを呼びかけている。現在、光泉林(公称は「財団法人懺悔奉仕光泉林」)が存在する京都市山科(やましな)区四ノ宮に本部を置く。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。