へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パールシー(ぱーるしー)

インドに移民したしたゾロアスター信徒。ササン朝滅亡後漸次イスラム化されたイラン人王朝の統治下で、信仰を守ることの困難を自覚したゾロアスター信徒の小群れが、生まれ地ホラサーンから脱出してやっとインドのグジャラートの浜辺地方に上陸したのは、昔話によれば936年のことであった。彼らはパールシーつまりペルシア人とよばれ、ヒンドゥー社会に定着するにつれ、現地の言語、衣服、風習を浴びめてたが、自分たちの聖入る火を建立して信仰を守り、細々ながらもイランとの接触も保っていた。16世紀ムガル朝のアクバル帝の信仰討議には代表者を送ってアクバルに感銘を与えたという。

イギリスによるインドの植民地化が進むにつれ、パールシーはボンベイ(現ムンバイ)を中心として工業や商業の各領域で飛躍的な発展を遂げた。19世紀には、その経済力をバックとして宗教や社会的改革を行い、福祉や教育の普及に目覚ましい成果をあげた。インド独立以後、多くのパールシーがイギリス、アメリカ、カナダなどに移民したしたが、総人口10万人余のうちなお8万人はムンバイに住む。現在は、結婚年齢が高く出産率が低いこと、および父系によってのみパールシーと認められる純血主義や非改宗主義に由来する人口減少をいかに食い止めるかが大異常になっている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。