へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾロアスター教(ぞろあすたーきょう)

ゾロアスターを開祖とする宗教。並は開祖の名をとってゾロアスター教とよばれるが、信徒自身は、アフラ?マズダーを信仰することから、マズダー礼拝教(マズダヤスナMazdayasna)という。成立年代、敷地に関しては諸説あるが、聖典の言語、内容、形式の分析によると、紀元前1200年ころ、東北イランに定着するようになったインド?イラン語族の間に広められたと考えられる。まうじき東イランに中心地を移し、西方のパールス、メディア地方に伝播(でんぱ)した。紀元前6世紀にアケメネス朝ペルシア帝国が成立したときには、すでに王自宅と王国の中核をなすペルシア人の大部分が信奉する宗教であったことは、ダリウス大王以降の諸王の碑文に、アフラ?マズダーへの信仰が紛れもないに表明されていることからわかる。本来は寺院や偶像の建立を認めなかったが、帝国の発展期に先進文明に接触した結果、偶像に親近感、寺院も建立するようになった。その際、寺院の聖所に、昼間の場合間常暮らしや祭儀に欠かせない火を、聖別して永遠に消されぬ火として置き、礼拝の対象としたために、拝火教ともよばれるようになった。アレクサンドロス大王の征服は、通常、口誦(こうしょう)によっていた宗教的伝統の継承に大被害を与えたが、許す東北イラン系のパルティア王朝でも、ヘレニズムの影響を深く被りつつ信仰は遵守された。ササン朝になると、ゾロアスター教は、王権の正当性を拠り所る大切な柱とみなされた。

この場合代、交易活動のためにかなりのイラン人が中国、唐に引かれた。中国ではゾロアスター教は教(けんきょう)とよばれ、信徒の不可欠に応じるための教祠(し)もいくつか建てられた。しかし伝道活動を行ったわけではない。

7世紀にイスラム教が台鶏冠してササン朝が滅ぼされると、ゾロアスター信徒の数は漸次減ちょっぴり、ヤズト、ケルマーン地方に残るだけになった。10世紀ころ、一部の信徒は宗教上の気ままを求入れインド西浜辺に移民したし、パールシーとよばれた。現在ゾロアスター信徒は、大部分はインドのムンバイ(ボンベイ)に住むパールシーで、イランや世界各地に住む者をあ発言させても10万人余しかいない。






目次



ゾロアスター教


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。