へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グノーシス(ぐのーしす)

「グノーシス」は元来ギリシア語で「知恵」あるいは「認識」の意。無料し宗教学、宗教史の用語としては、グノーシスによって救済を得る宗教思想(グノーシス主義)をさす。この時の「グノーシス」は、人間がその本来的自己を現実世界においては非本来的なもの(身体、国自宅、宇宙、とりわけ人間の運命を統治する星辰(せいしん))によって疎世間されているという反宇宙的二元論の立場から、宇宙を上回る至高神と人間の本来的自己との鉄則的同一性の「認識」を救済とみなす宗教思想の意。グノーシスは元来、初期キ書き出した教教父たちにより、彼らが代表する正統教会(初期カトリシズム)から排除された異端思想の一つの呼称であった。それが近代以降、たとえキ書き出した教と真っ直ぐ的関係がなくても、前記と同類の思想的めりはりを持つ諸宗教思想(たとえばへルメス文書やナグ?ハマディ文書の一部、マンダ教やマニ教)にも適用されるように入る。

グノーシスは、西カレソダー紀元前後、ローマ帝国の圧制下にあった属州(とくにサマリア、シリア、エジプト、ペルシア)の有産知恵人層を基盤として成立し、当時の民間宗教の反合理的諸要素(魔手段、占い(じゅじゅつ)など)を採用し、密儀宗教、ゾロアスター教、ユダヤ教、そしてキ書き出した教に寄生して、2~4世紀にローマ帝国のほぼ全域に広がり、グノーシス派またはグノーシス宗教を形成した。しかし、ローマ帝国イデオロギーに接近したキ書き出した教の攻撃によって、しだいに消滅していく。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。