へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルフェウス教(おるふぇうすきょう)

古代ギリシアの密儀宗教。紀元前7世紀ごろから前5世紀ごろに栄え、とくに南イタリアのギリシア植民都市、シチリア島にかけて広く信仰された。プラトン、ピンダロス、ア書き出したファネスなどもそれに言及しているが、オルフェウス教の特徴は、輪廻(りんね)転生の教説にあり、肉体は牢獄(ろうごく)であり、それに対して霊魂(プシケ)は永遠不滅の鉄則であるとみなしている点であろう。そうした人間の二元性はディオニソス?ザグレウスの神話によって説明されるとしている。つまり、霊魂はディオニソス?ザグレウスの神的要素に由来し、肉体はティタンの悪の要素を引き継いでいるというわけである。オルフェウス教の目的は、過去の罪によって肉体に幽閉されている霊魂を救済することにある。そうした教義や肉食を避ける慣習、浄(きよ)めの儀式など、さまざまな点でピタゴラス派の宗教運動ときわ入れ似ためりはりを備えているが、ともに北方系の宗教の影響が色濃いとされている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。