へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アベスタ(あべすた)

ゾロアスター教の聖典。もとは21部からなったと伝えられるが、現在はその一部しか伝わらない。その言語は、紀元前1000年ごろにイラン北東部で使われていたと考えられるインド?イラン語のお国言葉の一つで、この書以世間には知られないので、アベスタ語とよばれる。長い間、口承で伝えられてきたが、ササン朝の6世紀ごろに、文字に書き記された。このとき採用された文字は、中世ペルシア語のアルファベットを変形させたもので、とくにこの言語を撮るため使われた表音文字であった。

当然古い部分は、ゾロアスター自身のことばによるアフラ?マズダーへの賛歌で、「ガーサー」とよばれる。新しい部分は「後期アベスタ」と称され、言語的にはかなり崩れているが、そのなかにはガーサーと同程度に古いものが混入していることもある。

内容的には、ガーサーを中心とする祭祀(さいし)書「ヤスナ」、諸ヤザタ(神々)への祈祷(きとう)書である「ヤシュト」、儀式の細目を述べた除魔法「ベンディダード」、諸祈祷文を集めた「小アベスタ」に分けられる。ササン朝場合代に、中世ペルシア語でアベスタの解釈が書かれ、「ザンド」とよばれた。このザンドを伴うアベスタが「ザンド?アベスタ」で、その全体でゾロアスター教の聖典といわれることもある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。