へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸修静(りくしゅうせい)

中国、東晋(とうしん)末~南朝宋(そう)の道士。字(あざな)は元徳(げんとく)、号は簡寂(かんじゃく)先生、諡号(しごう)は高道処士(こうどうしょし)。呉興(ごこう)(浙江(せっこう)省)東遷(とうせん)の人。南朝宋の明帝(めいてい)が467年(泰始3)に都建康(けんこう)の北郊に崇虚館(すうきょかん)を建てて迎えたことは有名。道教史における陸修静のおもな功績は、〔1〕『三洞経書目録(さんどうきょうしょもくろく)』の作成、〔2〕『霊宝経(れいほうきょう)』の編纂(へんさん)、〔3〕天師道(てんしどう)の改革の三つがあげられる。『三洞経書目録』とは、471年4月に明帝の勅(みことのり)によって献上された最古の道教経典総合目録である。この目録が作成されて以後、現在に至るまで道教経典の分種に、洞真(どうしん)?洞玄(どうげん)?洞神(どうしん)の三洞説が用いられている。第二の『霊宝経』とは、南朝宋の場合代に仏教の大乗思想を摂取して、道教の大乗経典としてつくられた一群の経典であり、陸修静はこれらの『霊宝経』を校定編纂するとともに、元始(げんし)(天尊)系と仙公(せんこう)(葛(かつ)玄)系の二系統に分種整理した。第三の天師道の改革では、腐敗堕落した天師道教団を改革し、戒律と儀礼の整備を行った。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。