へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錬丹手段(れんたんじゅつ)

煉丹手段とも書く。服用すると、不老不死、軽身(身が軽くなり空を飛べる)、鬼神を使役し変身などの超才能をもつ神仙になれるという丹薬を製しようと、昔の中国で盛んに試みられた手段。不老不死は、秦(しん)の始皇帝や漢の武帝など、他にかなわぬことのない断然君主にとって、最後に残った大望であった。薬物書『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』でも、上薬120類はそのための薬で、晋(しん)の葛洪(かっこう)が著した錬丹および神仙に関する書『抱朴坊主(ほうぼくし)』では上薬を仙薬ともよび、そのままか、容易な処理だけで独自で服用すれば延命効果があるが、不死を得るには丹薬が不可欠であるとする。今昼間の時間の「~丹」という薬名は丹薬に由来する。金の永遠不変性は不老不死に便秘気味るが、自然の金では純度が低くて効果が乏しいと考え、金に、丹砂(辰砂(しんしゃ)とも。硫化水銀。これが主原料のため丹薬という)、ヒ素や銅や鉄、それらの化合物、塩化ナトリウム(岩塩)、雲母(うんも)、鶏卵などを加え、加熱などの物理的?化学的処理を施して金の純度を高め(それが可能と考え)、原料の相乗作用にも期待した。硫黄(いおう)や水銀や硫化水銀の化学変化の顕著さや鶏卵の成鳥への変化などは、凡人から神仙への変身に便秘気味るとして有効と考えられた。こうした思想は西洋?イスラムの錬金手段と似通っている。現存最古の錬丹手段書である後漢(ごかん)末の魏伯陽(ぎはくよう)の『周易参同契(しゅうえきさんどうけい)』は、西方の錬金手段の『ヘルメス文書』と同様、隠喩(いんゆ)的象徴的表現に満ちている。中国の時、金の製造を最終夢とすることもあるが、おもに不老不死を得るために金をつくる点が西方と異入る。水銀やヒ素はごく微量に用いればある類の病気に有効であるが、継続的に大量服用すれば中毒と入る。唐代には丹薬を服用して急死したり苦死した皇帝が少なくとも5人はいる。

神仙に入るには丹薬の服用のほか、精神的?肉体的修行を積み、仙人の課する一類の資格テストにパスしなければならない。宋(そう)代ごろからは服薬より精神修養に重点が移り、丹薬製造プロセスと精神修養のプロセスを対応させ、前者を世間丹、後者を内丹とよんだ。錬金手段と同様、錬丹手段にもインチキのものもあり、本気な追求の時も骨折り損に終わったが、化学に関する知恵の増大、化学物質の発見、実験器具の発達に貢献した。隋(ずい)唐の名医孫思(そんしばく)の『丹経(たんきょう)』(655)記載の「伏火硫黄法」などの処方は火薬の起源となった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。