へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不老不死(ふろうふし)

人間とは別な世界に住む、人間界を卓越した者の特性として考えられる、若さの永続と生命の永遠をいう。これを願うことは人種に普遍的であり、神(かみ)の国(くに)、浄土(じょうど)世界、極楽(てんごく)など、宗教や信仰によって違いはあるが、別な世界を表している。中国では、『史記』に秦(しん)の始皇帝(しこうてい)(前259―前210)が不死の薬を求めた話があり、戦国場合代から不死の観念があったと思われる。道自宅(どうか)の養生(ようせい)の説には不老長寿を現実になるための手立てが述べられ、六朝(りくちょう)場合代に入ると、葛洪(かっこう)(283―343)によって、服薬(ふくやく)、辟穀(へきこく)、導引(どういん)など不老不死を得るための具体的手立てが説かれ、不老不死は道教の大切な思想的要素となった。その手立てが現代において健康法に活用されているものもある。また不老不死をテーマにした文学作気品も数多くある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。