へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘娘廟(にゃんにゃんびょう)

道教の、女神を祀(まつ)る廟。娘とは母または少女のこと、娘娘は皇后をいい、女神の俗称である。泰山(たいざん)娘娘を祀る碧霞元君(へきかげんくん)宮がその代表的なものである。碧霞元君は泰山東岳(とうがく)大帝の女(むすめ)で、玉女とされる。泰山には死者の霊魂が会合、人の生命をつかさどるというが、娘娘に中大衆衆の生の欲求にこたえる根性の強いのはそのためであろうか。北京(ペキン)郊世間の五頂のほかに、金頂妙峰山の娘娘廟が北京の民衆の信仰を集めた。遼寧(りょうねい)省大石橋の娘娘祭も有名である。娘娘の名称には、送生(そうせい)、催生(さいせい)、註生(ちゅうせい)、送坊主(そうし)、坊主孫などがあり、坊主授けと安産の神とされるが、眼光娘娘には眼病平癒を、斑疹(はんしん)(天花)娘娘には自然痘除(よ)けの願いが込められる。また西王母(せいおうぼ)をいう王母娘娘、媽祖(まそ)をいう天后娘娘などがある。娘娘は観音(かんのん)、薬王、斗母(とぼ)とも比せられる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。