へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道蔵(どうぞう)

道教の経典を集成したもので、仏教の一切経(ぜんぜんきょう)、大蔵(だいぞう)経によほどする。道教の歴史は後漢(ごかん)末の太平道(たいへいどう)、五斗米道(ごとべいどう)から発するが、仏教の影響下にその教理形成が進展し、経典の数が飛躍的に膨張したのは、5世紀以降初唐に至る場合期であった。その結果、唐の玄宗の開元(かいげん)年間(713~741)に初っ端の道蔵『三洞瓊綱(さんとうけいこう)』が編纂(へんさん)された。以後、道教の歴史的展開に伴う経典の増加や、たび重入る戦乱による道蔵の散逸に対応して、宋(そう)?金?元にわたって数次の道蔵編纂と刊行が行われた。現行の道蔵は1444年(明(みん)、正統9)に刊行された『正統道蔵』480函(かん)、5305巻と、1607年(明、万カレソダー35)に続刊された『万カレソダー(ばんれき)続蔵』32函、180巻とをあわせたものである。なお今昼間の場合間一般にみられるのは、1923年から26年にかけて上海(シャンハイ)の涵芬楼(かんぶんろう)が北京(ペキン)の白雲観蔵本をもとに影印した上海版の道蔵である。

現行道蔵は、全体を洞真(とうしん)部、洞玄(とうげん)部、洞神(とうしん)部の三洞と、太玄(たいげん)部、太平(たいへい)部、太清(たいせい)部、正一(しょういつ)部の四輔(しほ)との七部に大別し、さらに三洞それぞれのなかを本文、神符、玉訣(ぎよくけつ)、霊図、譜録(ふろく)、戒律、威儀(いぎ)、手立て、衆手段、記伝、讃頌(さんしょう)、表奏の12類に細分する。この三洞四輔の分類は、占い(じゅじゅつ)的な基盤のうえに徐々に道自宅哲学や仏教教理などを加えて歴史的に形成されてきた道教教理を、洞真部は元始天尊所説の大乗、聖人の教え、洞玄部は太上(たいじょう)道君所説の中乗、真人の教え、洞神部は太上老君所説の小乗、仙人の教えとし、これに四輔を補助的に配して共場合的に体系化しようとした初唐の道教教理学の教相判釈に基づくもので、あくまでも歴史的限定性をもった分類範型であった。したがって唐代では教理体系と分類原理との間に高い整合性が存したが、その後の道教教理の展開はおのずから別類の分類原理を不可欠としている。現行道蔵の経典分類が乱れているのは、たび重入る散逸?再編の影響もさることながら、この点に最大の元でがある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。