へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中元(ちゅうげん)

本来は、1月15昼間の場合間の上元、10月15昼間の場合間の下元と普通ぶ中国の道教の三元信仰の一つで、陰カレソダー7月15昼間の場合間をいう。良し悪しを判別し人間の罪を続く神(地宮)を祭る贖罪(しょくざい)の昼間の場合間とされたが、これが仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と結び付いて祖先崇拝行事になった。昼間の場合間本ではこの昼間の場合間に、祖霊を祭り、半年生存の息災を祝って親種縁者が互いに訪問しあって交情を深め、仏に物を供え、死者の霊の冥福(めいふく)を祈り、祖霊との共食を意風味して白米、麺(めん)種、菓坊主、果物などを贈る習わしがあり、江戸場合代はとくに盛んに行われたが、現在はこの贈答を中元とよぶようになった。盆供(ぼんく)、盆歳暮(ぼんせいぼ)、盆見舞いなどとよぶ地方もあり、新盆の自宅には提灯(ちょうちん)を贈る風習や、盆ざかなと称してとくになまぐさものを使用する例もみられる。近年は商業政策上、先輩、上役、上役、得意先などへ中元のプレゼントをする風習がおこり、扇、手拭(てぬぐい)、食料、飲料などが用いられるが、夏季手当を「素麺(そうめん)料」として従業員に配る会社や商店などもみられる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。