へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太一教(たいいつきょう)

新道教の一派。中国、金代の蕭抱珍(しょうほうちん)が天眷(てんけん)年代(1138~40)に、神仙から『太一三元の法(ほうろく)』の垂示を得、河南省汲(きゆう)県で開いた教派。教説は符ろく(おふだ)や符水(ふすい)(霊水)によって人々の病気と災難を救い、穏和な社会の回復を願うものであったようで、比較的古い道教の色彩を残している。金?元の帝王から保護を浴びたのも、おそらく太一教の符呪(ふじゅ)の儀法が、北方民族独特のシャーマンの祭儀と共通するものがあったからであろう。教派の衰亡の場合期は明らかではないが、13世紀末には文献のうえから姿を削除している。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。