へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善書(ぜんしょ)

中国の民間に行われた勧善の書。宋(そう)代以後、庶民社会で展開された信仰や宗教慣行、いわゆる民衆道教の宗教意識に基づいて庶民的道徳運動が進展した。そのなかで庶民(宋代の「凡民(はんみん)」、明(みん)末の「庶民(たいしゅう)」)の立場から善書が作成されると、庶民社会で大いに流通し、現代にまで及んでいる。善書のめりはりは、(1)三教合一「儒仏道一貫」「三教帰儒」の庶民的文化?宗教意識が示されること、(2)貴賤(きせん)貧富の別を超えた「凡民」「庶民」としての個々の民衆が、行為の主体者として合理的な宗教道徳意識をもって神に対すること、などにある。

善書の代表的なものは『太上感応篇(たいじようかんおうへん)』(南宋初)、『陰隲文(いんしつぶん)』(明末)、『関帝覚世経(かんていかくせいきよう)』(清(しん)初)、および多数の「功過格(こうかかく)」(自己の行為を功と過に分種計算して、積善(功)の資とする善書)などである。さらに清代の『敬信録(けいしんろく)』『同善録(どうぜんろく)』などの善書叢書(そうしょ)?種書、民衆道徳を説く嘉言(かげん)集や訓戒書(明の『明心宝鑑(めいしんほうがん)』など)、民衆教化のための勅撰(ちょくせん)書の俗解書(清初の『六諭衍義(りくゆえんぎ)』など)、また宗教結社や民間に流通した「宝巻(ほうかん)」種も、庶民に勧善を説くものは善書のなかにめててよい。功過格には、当然古い『太微仙君(たいびせんくん)功過格』(南宋初作、『道蔵』収)、明末の善書運動の中心人物袁黄(えんこう)(了凡)の『陰隲録』収の功過格、僧宏(しこう)の『自知(じち)録』および清(しん)代のものなどがある。

善書のおもなものは、江戸初期から昼間の時間本に伝えられ、和経緯本も流通し、昼間の時間本の近代化民衆文化に大いに影響した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。