へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石経(せきけい)

儒?仏?道教の経典の文字を石に刻したもの。広く経文の標準を示し、長く後世に伝言することを目的にした。後漢(ごかん)の霊帝が175年(熹平4)に詔(しよう)して182年(光和6)に落成し、大学門世間に建てられた熹平(きへい)石経(鴻都(こうと)石経、一字石経、今字(きんじ)石経ともいう)を始めとする。その後、魏(ぎ)の正始(せいし)年間(240~248)の正始石経(三字石経、三体石経ともいう)、837年(唐の開成2)に成った開成(かいせい)石経、951年(後蜀(こうしょく)の広政14)の成都(せいと)石経(益都(えきと)石経、広政(こうせい)石経ともいう)などがある。仏教では、北斉(ほくせい)の泰山(たいざん)経、石峪金剛(せきよくこんごう)経、徂徠山映仏断崖絶壁大般若(そらいざんえいぶつがいだいはんにや)経、隋(ずい)唐の房山雲居寺石経など。道教では、708年(唐の景竜2)の易州道徳経碑、735年(開元23)の御注(ぎょちゅう)道徳経などがある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。