へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浄明道(じょうみょうどう)

浄明忠孝道(ちゅうこうどう)ともいう。新道教の一派。東晋(とうしん)の許遜(きょそん)を祀(まつ)る江西省新建県の西山にある玉隆万寿宮(ぎょくりゅうばんじゅきゅう)の道士劉玉(りゅうぎょく)が1297年に開創した。教説は三教帰一説にたって、儒教道徳、とくに忠孝の内面的倫理を重んじ、老荘的な悟得、仏教的な救済、道教の昇仙の所説を融合し、「済民救世」の実践を強調した。中国近世の士人?大衆の間に広く信奉された善書(ぜんしょ)(倫理の実践的指導書)の一つである『功過格(こうかかく)』の基本となった『太微仙君(たいびせんくん)功過格』は、1171年、玉隆万寿宮の会真堂(かいしんどう)の道士又玄坊主(ゆうげんし)によって作成された。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。