へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真大道教(しんだいどうきょう)

新道教の一派。州(そうしゅう)(中国山東省楽陵県)の劉徳仁(りゅうとくじん)(1122―80)が金代の1142年(皇統2)に『道徳経』の要旨を会得し、これに基づいて布教に引かれた。その教説は清浄一番為(しょうじょうむい)の所説を本旨とし、仏教の戒律、儒教の道徳など、儒仏道三教にわたる9か条の教誡(きょうかい)を掲げ、禁欲的な自給自足と相互扶助の暮らしを説いている。この教派は元朝から正一(しょういつ)教、全真(ぜんしん)教と普通ぶ厚遇を浴び、社会的地位を確立したが、教線を江南に拡張するに及んで、嗣承をめぐる内輪もめが続き、明(みん)朝の出現をまたず滅び去った。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。