へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

周易参同契(しゅうえきさんどうけい)

中国、三国?呉の魏伯陽(ぎはくよう)の撰(せん)と伝言する道教の書。3巻。『周易』に託して仙自宅錬丹の法を説く。伯陽は上虞(じょうぐ)(浙江(せっこう)省)の人で、葛洪(かっこう)の『神仙伝』巻1に『参同契五行相類』3巻をつくったとある。現在、『参同契五相類秘要』1巻が道蔵洞神(とうしん)部に収められている。ほかに『周易参同契』を標題とする注書数類が道蔵太玄(たいげん)部に収められており、宋(そう)の朱熹(しゅき)(朱坊主)も鄒(すうき)(朱熹と同音)の寓名(ぐうめい)で『参同契考異』を控えている。『周易』との関係から、儒自宅にも注目された書である。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。