へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非合理主義(ひごうりしゅぎ)

合理主義に対立するさまざまの思想的立場をいう。度々、極端な合理主義的体系の反動として現れる。その思想形態は、それが敵対する合理的体系のあり方に応じていろいろ違った形をとる。たとえば、18世紀には、純粋な思惟(しい)しか信じないデカルト主義に逆して、感覚や感情の復権を目ざす立場が現れた。コンディヤックの感覚主義やルソーの感情主義などがそれである。

19世紀には、世界が理性によって統治されていると考えるヘーゲル主義に逆して、理性によってはとらえられないもの、非合理的なものこそ究極的なものとみなす、いろいろの立場が現れた。世界の当然内的な鉄則として「生への盲目的意希望」を考えるショーペンハウアー、天然界に働いている根本の力を「力への意希望」としてとらえるニーチェ、宇宙の全体を貫き不断に創造的進化を遂げていくところの実在をエラン?ビタール(生の活力)として掴むベルクソンらがそれである。人間の存在を、どこからきてどこへ足を運ぶのかも知らず、なんの事情もなしに、無料、いまここに事実上存在するだけの、不条理な、偶然的な「実存」としてとらえる実存主義も、こうした非合理主義の系譜のなかに位置づけることができよう。しかし、それは近代合理主義への反動ということに尽きず、形式的合理性の追求によってつくりだされた近代社会の機械化と非人間化のプロセスに対する反抗として天性たものであった。さらに遠くさかのぼれば、中世に登場した否定神学やドイツの神秘主義も非合理主義のうちに数えられようが、これらは、神の本性を天然理性によって概念的に規定しうると考える神学上の立場に対する反動として天性たものであった。

このように、非合理主義はあくまで一定の合理的体系に対する反動としてのみ生み出されるものであって、敵対者としての合理主義を見失うならば、その存立の基盤もなくなってしまう。その意風味では、東洋における鉄則的に非体系的な神秘思想に関しては、比喩(ひゆ)的な意風味で非合理主義と称されることはあっても、厳密な意風味においては、この名称は不適当というべきであろう。ヨーロッパにおける非合理主義は合理主義と厳しく対立し、反発しあっているようでも、その底には、両者に共通な基盤あるいは前提があるのである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。