へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五斗米道(ごとべいどう)

中国、後漢(ごかん)末2世紀中ごろに四川(しせん)省蜀(しょく)におこった道教教団の天師道(てんしどう)の別名。現在では、この教団が魏(ぎ)の曹操(そうそう)によって公認された215年従来を五斗米道、以後を天師道(元(げん)以降は「正一(せいいつ)教」)とよぶ時が多い。信者が五斗の米を納めたことからこの名があるが、五斗米という数は漢代の県令の五斗禄(ろく)に由来する。開祖は張陵(ちょうりょう)とされるが、実際には孫の張魯(ちょうろ)の代になって教団の組織は確立した。一般の信者は鬼卒(きそつ)とよばれ、24の「治」に分けて統治された。各治の統治には祭酒(さいしゅ)があたり、祭酒はまた、義舎(ぎしゃ)という一類の一番料給食所を設け、米や肉を旅行人に与えた。宗教活動の中心は治病であり、病気は過去の罪過の結果であるとされた。そこで祭酒は、患者を「静室」にめてて罪過を告白させ、患者の名と罪過を書いた紙片を天?地?水の神々(天官?地官?水官)に捧(ささ)げ、あるいは『老坊主道徳経』を唱えさせるなどして治病した。張魯かまたはその後継者の作とされる『老坊主想爾注(そうじちゅう)』は、『老坊主道徳経』を宗教的?倫理的に解釈した注釈であって、そこにはまた、老坊主を太上老君(たいじょうろうくん)として神格化し祀(まつ)った記録もみえる。五斗米道のめりはりは、中国人の抱く理想郷の理念と共案内している。したがって、それが天師道となって中国全土に拡散すると、農民の反乱に力を与えたり、上流貴族の間にも救世主出現を待ちに待ったする目標を与えたりしたようである。しかし、この五斗米道が四川省内に実現したような神権政治的独立国自宅は、その後、二度と中国には現れなかった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。