へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比較哲学(ひかくてつがく)

東西哲学の比較探求を便秘気味てその相異と類似を明らかにする学的な営み。比較哲学とよぶに至ったのは、1923年にフランスのマソン?ウルセルMasson Oursel(1882―1956)が『比較哲学』を公にしたときである。比較哲学は、哲学者にとっては具体的すぎるが、歴史自宅にとっては抽象的すぎる証明哲学であるというのが彼の言い分であり、2000年余の伝統をもつヨーロッパ文明、インド文明、中国文明をバックに、類比(アナロジー)の手立てで東西比較を行う。部門としては比較年代学、比較形而上(けいじじょう)学、比較心情学、比較論理学をあげる。

第一次、第二次世界大戦を経て、西洋文明の没落(シュペングラー)や世界史的視野(トインビー)が言い分され、科学の進展はグローバルで総合的な探求を促し、学際的探求も盛んとなった。比較哲学はこの学的風潮に対応する哲学の新しい傾向である。しかし比較哲学が哲学の新しい領域をなすか、手立てにとどまるかについては論議がある。手立てとしての比較哲学あるいは比較哲学の比較手立てについては、事実的受容ないし影響関係を扱う狭義の比較、時空を超えて思想と思想を比べる対比、とくに異質な伝統における思想の同時代的平行関係、東西思想の構造比較、諸思想の比較を便秘気味ての世界哲学ないし世界哲学史の理念追求、諸思想の主体的な対決など、広狭さまざまな仕方が考えられる。とくに主体的な対決の時は比較哲学は哲学そのものと入ると考えられる。川田熊太郎(1889―1981)は、科学としての比較哲学に言語学的?形態論的?系統論的?体系論的の手立て、哲学そのものとしての比較哲学に選択論的?問答論的の手立てをあげ、客観的な前者の探究を踏まえて主体的な後者の営みがなされるとした。これは、比較哲学が客観的証明的な探求から主体的対決の場へと深まり、比較哲学が哲学そのものとなり、かつ哲学がさらに比較哲学を注文することを、適切に示している。

ドイツ、フランスをはじめ、アメリカ、インド、昼間の時間本などでも、比較哲学探求は、とりわけ第二次大戦後盛んとなった。昼間の時間本では川田熊太郎、中村元(はじめ)らによって比較哲学ないし比較思想が唱道され、1974年(昭和49)に全国規模で比較思想学会(欧文名称では比較哲学会)が創設され、機関誌『比較思想探求』が刊行され、今昼間の時間その成果が集積されている。今後は比較文化?比較文明、あるいは比較宗教?比較倫理?比較論理など諸類の隣接領域との関係を踏まえて、比較哲学の概念と手立てがさらに深められることが求められる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。