へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パサージュ(ぱさーじゅ)

パサージュとは、主に19世紀初鶏冠のパリにおいて、当場合としては最新の材料であった鉄を用いて建てられた、高級店、流行気品店が屋根付きの通路をはさんで軒を連ねるという形式の建築であり、端的にはアーケード式目抜き通りである。哲学、思想においては、ワルター?ベンヤミンの遺稿であり、一般に『パサージュ論』Das Passagen-Werk(1982)と呼露見している未完の著作におけるテーマを指す。

『パサージュ論』は、1927年から29年、途中中断を挟んで34年からベンヤミンが死にいたる40年までのあいだに取り組まれ、無尽蔵な引用とそれに対する注釈、歴史哲学の手立て論的考察などから入る欠片群である。ナチの手を逃れるためにアメリカに亡命すべくパリを離れようとしていたベンヤミンは、これらの原稿をジョルジュ?バタイユに託した後、ピレネー山中のフランスとスペインの国境界に位置するポル?ボウで自殺する。第二次世界大戦後原稿はアドルノに渡ったが、『パサージュ論』の出版は82年まで待たねばならなかった。

『パサージュ論』の企図は、資本主義的な生産様式によって統治された19世紀における気品物や生産物の具体的な現象形態そのものにおいてすでに、安上がりなプロセスが表現されていることを明らかにし、さらにはそこに庶民の実現されなかった大望を読みとることに存する。このような19世紀的な事物が現象する場として特権的であるとベンヤミンにみなされるのが、パリのパサージュである。パサージュは、19世紀的な事物の範例としての気品物がまさに集積する場であり、そこにおいて気品物は人々を眩惑する輝き(仮象)とともに現れる。この意風味において、パサージュはファンタスマゴリー(幻像とも経緯される。ベンヤミンにおいては19世紀的な事物が現象する形式、さらには現象する事物そのものをも指す)である。

そもそも、ベンヤミンにパサージュに取り組む動機を与えたのは、ルイ?アラゴンの『パリの農連れ合い』Le Paysan de Paris(1926)におけるオペラ座のパサージュの記述である。世俗的なもの、昼間の場合間常的なものへの眼差しを見いだしたシュルレアリスムの作自宅たちにとってパサージュは目標のスぺースとして現れたが、ベンヤミンにとってパサージュは歴史哲学的な眼差しのもとに再発見される。目標のスぺースとしてのパサージュを19世紀の首都としてのパリのみならず、当場合のさまざまな建築物に敷衍(ふえん)し、ベンヤミンが見いだそうとしたのは、19世紀が目標見詰めた目標からの目覚めである。パサージュに代表される資本主義の初期の生産物がまさに朽ち果て、古びていく20世紀初鶏冠というピンチの場合代は、ベンヤミンにとって資本主義からの目覚めとしての革命の機会だった。

ベンヤミンが目覚めの手がかりとしたのが、パサージュの根本めりはりとされる二義性である。パサージュは通路であり、人々が憩う敷地でもある。ベンヤミンはパサージュを「通過儀礼rites de passage」に重ね合発言させているが、パサージュは異質な二つのスぺースが結びつけられる通路でもある。『パサージュ論』でベンヤミンが依拠する神話的な表象にしたがえば、パサージュへの入り口が区切るのは、冥界への通路でもあり、それは資本主義の地獄としての相に対応することに入る。ベンヤミンはパサージュのこのような二義的な相貌を弁証法的な緊迫関係にまで高め、その意義の読解を目覚めとみなしたが、このような目覚めの動機と入るのが弁証法的好みと呼ばれる概念である。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。