へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルサンティマン(るさんてぃまん)

怨恨(えんこん)または復讐(ふくしゅう)感情と経緯される。その社会心情学的な意風味は、強者と弱者の社会関係、あるいは統治者と被統治者の社会関係のなかにそれを位置づけ、ルサンティマンを「強者への憎しみを満たそうとする弱者の復讐心が内気に屈折している心情コンディション」としてとらえたときに浮かび上がってくる。ニーチェは、このような考え方をキ書き出した教の倫理に適用し、そこにおける「愛」は、ユダヤ教に由来する憎しみ感や復讐感情の裏返された表現にすぎないとする。またM?シェラーは、「革命」の鉄則を、少数の統治階級に対する多数者(庶民)のルサンティマンの結晶化とその発現によって説明しようとした。今昼間の時間では、ルサンティマンの概念は定着したが、それを社会運動に直結させる考え方は、過度の心情主義的解釈として否定的に評価されている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。