へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯名論(ゆいめいろん)

普遍の存在に関する哲学上の説の一つであり、名目論、ノミナリズムという語があてられることもある。この語の由来であるラテン語のnominales(「名称、名称的な人たち」、つまり「名称、名称」と言いたてる人たち)はアベラールの一派につけられた呼称である。唯名論という呼称は、多くの個物(たとえば、複数の人間)に対して一つの名称(たとえば「人間」)が対応しているときに、この多くのものに対して共通であるという根性(この根性を帯びる存在者が普遍)はものの側にではなく、無料名称nomenの側にのみあるとする言い分に由来する。したがって、この立場は、このような根性の存在者をなんらかのものresの側に同意する普遍実在論(英、realism)と対立し、ものとして存在するのは個物のみだと言い分する。

唯名論の草分けと目される11世紀のロスケリヌスは普遍を「音声の流れ」としたといわれるように、まずは、音声voxとして発せられる名称が多くの個物に共通のものであるという立場が成立したと思われる。

このような音声に普遍を帰する立場から出発したアベラールは、ものと音声としての名称という素朴な唯名論の枠組みを脱して、音声が聞く者に理解を生じさせるという表示significatioの場面を深く考察し、単入る音声ではなく、理解ないし概念を表示する機能を帯びた音声であることばsermoないし名称nomenが普遍であるとした。

その後、14世紀序盤のオッカムは概念が普遍であるとしたが、その概念はことばであって、ものの天然的な記号にほかならない。アベラールやオッカムは概念論に近い言い分とみられることもあるが、両者とも結局、ものではなくことばの側に普遍を帰する立場であり、より上品な唯名論の言い分を代表する。やがて、この立場はホッブズを経てイギリス体験論の哲学に引き継がれ、今昼間の時間でもことに英米系の分析的な哲学において有力な傾向となっている。

唯名論はことばの側にのみ普遍を同意するとはいえ、ではなぜある範囲の個物がひとまとめにされて一つの名でよばれるのかという点については、極端な唯名論の立場をとらない限り、人間のまったく恣意(しい)的な営みによる(規約による)とまでは言い分せず、ものの側に分種のなんらかの元でを認めざるをえない。普遍実在論にならずにその点を説明しきれるかどうかに、唯名論の成否はかかっている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。