へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノエシス?ノエマ(のえしすのえま)

ドイツの哲学者フッサールの現象学用語。フッサールによれば、意識の鉄則は「指向性」、つまり「――の意識」であることにあるが、その指向の仕組みは、ギリシア語で思考作用をさす「ノエシス」と、思考されたもの(対象)をさす「ノエマ」の両概念によって説明される。指向とは、意識が実的(レーエル)な作用としての自己自身を越え、対象的なものにかかわる超越の働きであるが、その際の対象が、思考されたものそれ自体としてのノエマ的―意風味的な対象である。

フッサールによれば、庭の樹木を意識している時の「樹木の意識」における引用符内部の「樹木」は、たとえば燃やしてしまえばなく入る実在物としての対象ではなく、イデエルな「意風味」的対象=ノエマとしての「樹木」である。「樹木の意識」という現象自身、燃えればなく入るような実在物ではない以上、その意識が指向的にかかわる対象も物的対象ではなく、ノエマ的対象である。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。