へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌース(ぬーす)

古代ギリシア語で「理性」の意。無料し、順を追ってプロセス的に思考する推論理性ではなく、全体を一躍掴む直観理性を意風味した。したがってア書き出したテレスでは、理性(ヌース)は事物の鉄則を掴む才能、推論の原理を掴む才能を意風味する。広義には、事物を弁別する才能、すなわち「分別」を意風味した。ヌースをもつ人とは「分別のある人」である。

語源的には、「観(み)る」「識別する」「嗅(か)ぎ分ける」を意風味する動詞ノエインnoeinに由来するが、初期の哲学者たちによって早くから、感覚の識別才能に対して、感覚に隠された事物の同一と差別を識別する高次の精神才能とされた。世界の原初にヌースがあると説いたアナクサゴラスが、ア書き出したテレスとヘーゲルによって「酔いどれに混じる素面(しらふ)の人」として称揚されたことは著名である。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。