へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認識論的断絶(にんしきろんてきだんぜつ)

科学的認識の成立や変化?発展を説明するための科学哲学上の概念で、個々の認識の前提となっている「問いの立て方」や「問いの構造」problmatiqueそのものの非連続的な変化を指す。同じ意風味で、「認識論的切断」coupure pistmologiqueという語が用いられることも多い。ここでいう「問いの構造」とは、一連の認識のありようを決定し、組織する要因でありながら、それ自体は顕在化していないようなものである。こうした考え方はフランスの哲学者ガストン?バシュラールやとりわけルイ?アルチュセールによって展開されたが、認識における非連続性を強調する点では、17世紀の科学革命の意義を強調したアレクサンドル?コイレの科学史観にも便秘気味るものである。なお今昼間の時間では、人文科学、社会科学一般において、異常の立て方の画期的な変化を指してかなり広い意風味で用いられる傾向にある。

バシュラールの科学認識論上の業績は広範にわたるが、とくにその誤謬(ごびゅう)論の中に認識論的切断の概念が見られる。彼は正しい新しい科学的認識が成立するための条件として、その認識の成立を妨げている広い意風味での心情的な困難(認識論的妨げ物)が除去されることの重要性を強調し、その妨げが克服される瞬間をとくに認識論的切断と呼ぶ。こうした立場から彼は科学的精神の形成の「精神分析」を試み、科学は犯罪暦学的な妨げ物と格闘し、たえず切断をくり返却することによってのみその合理性を確保するのだと論じた。一方、マルクス主義の哲学者であったアルチュセールは、マルクスによって作り出された歴史の「科学」の固有性を論証するために、このバシュラールの図式を借用した。アルチュセールによれば、「科学」としてのマルクスの理論は、初期のマルクスの思想に内在していたヘーゲル主義やフォイエルバハ的な人間主義といった妨げ物(イデオロギー)と断絶することなくしては成立しない。そして、こうした断絶を不可あべこべ的なものとして定着させたマルクスのテクストが『ドイツ?イデオロギー』であり、ここではじ入れ固有の意風味でのマルクスの理論が成立したという。「認識論的断絶」という語は、とくにこうした不可あべこべ的な断絶を指すために用いられた。

なお、アルチュセールは、認識論的切断を現実になることこそが理論的実践であるという立場から、認識の生産の一般理論化を試みているほか、古い「問いの構造」のもとにありながら、すでにそこから世間れようとしている要素を見極め、それを新しい「問いの構造」のもとに解読することを、とくに徴候的読解と呼んでいる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。