へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間中心主義(にんげんちゅうしんしゅぎ)

ドイツでいう人間中心的世界観anthropozentrische Weltanschauungのことで、一般に、人間が世界全体の中心あるいは目的であるとする世界観、また、すべての存在者のなかで、人間に当然根本的で大切な地位を与えようとする立場をいう。無料し、人間中心的というドイツ語が文脈によって、つまりそれが表示する当の世界観の根性やその対立項の内容に応じて多様な意風味を表現するように、人間中心主義という昼間の時間本語化された手段語も、またこれに対応して、かなり多義的な広い用法をもつ。広く解すれば、それは西洋の哲学や宗教の歴史のなかでさまざまな形で表明されたものであり、たとえば古代ギリシアの本職タゴラスの人間尺度論をあげることができる。しかし現在ではむしろ、近代全般の精神的?思想的特質を表現するために多く用いられる。すなわち、宇宙中心的な古代、神中心的な中世に対して、人間とその主体性をなによりも重視する人間中心的な考え方が近代の一般的なそして基本的な世界観なのである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。