へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間学(にんげんがく)

昼間の時間本語の人間学は、昼間の時間本語の人種学とともに、本来、「アントロポロギー」の経緯語である。

アントロポロギーは、初め生物学的な天然人種学であったが、のちに知識人種学が天然人種学と普通ぶ人種学の一領域とされ、そこには、考古学、民族学、民俗学と普通んで、社会人種学、心情学的人種学、さらには教育学的人種学まで含まれるようになってきた。他方、哲学において人間を探求するアントロポロギーは、「人間学」と経緯され、これは哲学史とともにつねに存在してきたが、とりわけ近世のカント以来、人間学的傾向が強くなり、20世紀初めにシェラー、プレスナーによって哲学的人間学が提唱されてのち、実存哲学における人間中心的傾向と相まって、以前の知識人種学から展開してきた心情学的?社会学的?教育学的人種学も、心情学的人間学、社会学的人間学、教育学的人間学という経緯語があてられることも、今昼間の時間度々見浴びられるようになっている。

たとえば、ガダマーとフォーグラーの共編に入る『Neue Anthropologie』(1972~75)は、アントロポロギーの以前の経緯語に従えば、生物学的人種学、知識人種学、社会人種学、心情学的人種学、哲学的人間学という六編を含むものであるが、これが近年、『講座現代の人間学』という夕イトルの下に経緯出されているなどは、その一例である。しかし「人間学」の語は本来、「哲学的人間学」を意風味してきたし、現在もその方角が中心的であるといえる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。